ABOUT ME

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

ぷち本棚。

LINKS

野球女子が球場カメラについて語る件。

0
    んーと、、、
    カメラのことについて聞かれたのですが、
    わたしはカメラが得意とか詳しいとかそういうことは特にないので
    なにから語ればよいのかわかりません。

    なんでわたし?と思いましたが、インスタ見ててくれたんですね。
    ありがとうございました🙇‍♀️

    あんなものでも見てて、覚えててくださる方がいるなんてありがたいもんですねえ。




    てことは、ま、たぶん野球のことでしょう!笑
    野球場で使うカメラのことでしょう!

    そんなわけで、野球女子でサッカー女子でカメラ女子でもあるわたしの、
    カメラについて、球場撮影についての雑記です。

    うまくまとめられず、果てしなく長いです。
    長いです。






    わたしが最初に使い始めたのが、ニコンのネオ一眼でした。



    Nikon Coolpix P100


    といってもこれは、いつからか家にあった、母がなんとなく買ってきたシロモノ。
    サッカーも大好きな我が家。
    埼玉スタジアムでレッズの選手を撮りたかったのだと思う。


    ネオ一眼の特徴は望遠がすんごいこと。
    これに尽きる。
    とんでもない距離まで撮れる。
    こんなレンズ持ち歩けない、いやそもそもないんじゃ?というくらい撮れる。

    6万人収容の巨大埼スタの後方席でもなんとなく撮れました。
    (ただし、なんとなく)

    レンズ一体型といって、レンズ交換ができないタイプなので、これはこれとして使うほかない。
    でも一体型だけあって、一眼+望遠レンズよりはるかに軽いので、体力に自信のないときはいまだにたまに使います。


    ただ画質はお察し。
    ノイズも多い、望遠にすればするほどぼやけた写真を量産することになると思う。



    クールピクスP100で撮影した参考写真たち


    西武ドーム、バックネット裏より。
    編集なし。


    西武ドーム、バックネット裏より。
    編集なし。


    西武ドーム、一塁側内野席より。
    編集なし。






    いつもすごく狭い球場で、選手にすごく近い席で撮るんで!って人なら、使い道はある。
    二軍とかは近いところも多いし、これでも充分いい写真撮れそう。

    設定も一眼より細々難しくしなくていいというか、そこまでの機能ないというかなので、難しいことできない!って人も。


    ただ、SNSとかで見たかっこいい写真!綺麗なスナップ!とかは絶対に撮れない。

    球場以外でもカメラを使いたい人にもおすすめはできない。
    なぜなら望遠してないときの画質もよくないから。笑


    うすらぼやけててもとにかくレンズ一体型で軽いのがよければネオ一眼。
    最近のは画質マシになってきてそうだけれど、でも一眼みたいな写真は撮れないです。
    特に選手ドアップ、背景ぼかし、とかはむり。









    ほんで本題の一眼にはいります。


    んーと、すごく率直に言うと、予算の中で一番いいカメラとレンズ買うべき。
    予算の対比は カメラ3:7レンズ くらいなイメージで。

    いいカメラ持っててもレンズが弱いとやっぱり写真は厳しい。
    20万のカメラなんていらない、20万のレンズ(きっぱり。
    カメラそのものはフルサイズよりAPS-Cのほうがいいと思うので、そこまで値は張らないはず。


    ズームレンズキットもあるけど、キットレンズは早々に買い替えたほうがよいと思います。
    先に買ってもいいけど、キットレンズで写真撮影に慣れてからでも問題なしです。


    なぜキットのレンズじゃないほうがいいかというのは、様々なところで説明されているのでぐぐったりヤフったりしてほしいのですが
    単刀直入にいうと
    ・そんなに画質よくない
    ・キットレンズは背景ぼかしが苦手
    ・キットレンズは暗い場所を撮るのが苦手
    です。


    が!
    わたしはじつは、キットのズームレンズのままもう何年か撮ってるんです。

    なんでかっていうと、まあ正直申し上げて予算の都合もおおいにあるのですが
    条件次第ではそれほど問題ないからです。


    暗い場所を撮るのが苦手。
    で一番ダメージが大きいのが、ドーム球場です。
    わたしはドーム球場で撮影することはほぼないので、これはそれほど問題ないのです。

    好きなチームが屋内球場か屋外球場かで、レンズに求める性能は大きく変わってきます。
    屋外球場のデイゲームには、特別なレンズは特に必要ありません。
    晴れた日の屋外球場なら、ふらっとなんの設定もなく綺麗に撮れます。
    ※明るすぎてレンズフードをつけることはたまにあり



    そして画質。
    当然のことながらズームすればするほど画質は落ちます。

    これは個人的にどこまでが許容範囲かにもよるので、一概には言えないのですが
    基本的には大きくない球場の内野席で撮影するのに、600mmとかはまったく必要ないと思っているので、わたしにはズームレンズキットの250mmでほぼ足りています。


    わたしは西武ドーム、マリンスタジアム、たまに東京ドームや神宮球場の内野席で観戦しているので
    それほどのズームレンズは必要ないのです。

    外野席のほうからでも鮮明に撮りたい、天井席からも撮る、基本京セラドームや札幌ドーム、ナゴヤドームとかいう方は予算の限りのズームレンズ買ったほうがいいです。はい。




    そしてここまで語ったけど、やっぱり結局個人的にどれほどの被写体への近さや画質を求めるかは個人差があまりにも大きいので、言葉では説明できない。
    一切のノイズを許さない、というのであれば、100万以上は用意してください。が結論。

    背景ぼかしとか細かな画質を無視したら、コンパクトデジカメのほうがズーム性能はよさそう。
    コンデジもレンズ交換できるやつとか高いけど。


    そのうちいいレンズ買いたいと思いつつ、試合をいい席で見ることがいい写真になる一番のコツなので、結局あとまわし。

    マリンはカメラ好きには一番撮りやすい、素敵な球場🙂







    はてさて、そんなズームレンズキットのお安いレンズで日々戦っているわたし。



    ちなみにこれがわたしのカメラです。

    Canon EOS Kiss X8i



    一眼のほうの設定でなんとかがんばっている面もあります。


    最初はモードを適当に選んでいて、それでもまあまあ撮れてはいたのですが
    暇なときにちまちま勉強を重ね、マニュアルで自分で好きに設定しています📸

    これも球場や条件によってその場で変えているので、こういう感じだよ!とは言えないのですが
    基本的には連写したい、撮り逃したくないのでシャッタースピード優先になるのかなぁ。

    ISOは本当は3200より上にすると、明るいけどノイズも増えるのでいやなのですが
    お安いレンズでは限界もあるし、ドーム球場というカメラ女子泣かせの球場もあるのでガッツリ上げてます。
    球場の明るさに合わせてISO6400もISO12800も使います。
    しょうがない。

    でもこれといって決まった設定はなくて
    球場について、席でまずすることが、適当に数枚撮りながらの設定変更です(﹡'ᴗ'﹡)
    そこらへんで練習してる人やコーチ、置きっぱなしの用具など、なんでもいいので目標定めて、チマチマ設定してます。笑

    屋外球場の場合は時間が経つごとに日が暮れたり、空の色が変わって、明るさも変わってるので、ときどきは注意して撮った画像チェックしないと、真っ暗な写真を量産していたりしますよ〜。
    夏のナイターとかはちょっと設定忘れると、後半の写真みんな真っ暗とかあるある。


    さらにホワイトバランスいじると、独特な照明のせいで変な色の写真が撮れやすい!っていうのが解消されます。


    このへんの設定はわからなくてわからなくて
    カメラ買って以降、ずっとずっと何回も
    「野球 カメラ」とか「球場 カメラ」とか
    キヤノンのホームページとか
    もうありとあらゆる手段で調べて
    その設定で撮影しては失敗し、を延々と繰り返し
    いまでももっといい設定があるのではないかと思いながらの、日々試行錯誤です。

    きっとみんなそうだと思います。
    自分の好みの質、色に近付くまで、何度も設定を変え続けてみてください🙂

    まだわからない、大失敗したら元に戻せない!ってときは、球場ではおとなしくオートで。笑
    戻せるようになってからの試行錯誤です。
    そこはがんばるしかない💪












    Kiss X8iで撮影した参考写真たち


    京セラドーム大阪、一塁側内野席前方から。
    設定オート。編集なし。


    沖縄セルラースタジアム那覇、一塁側内野最前列から。
    編集なし。


    ZOZOマリンスタジアム、三塁側内野席から。
    編集なし。







    それでも!!
    ISO12800とかでノイズだらけのザラザラな写真が撮れるのはいやだ!
    でも50万100万なんて到底かけられない!!
    でもでも真っ暗な写真量産するのだっていやだ!!!
    というのもわかります。おなじです。



    そこで最終兵器として出てくるのが、画像修正アプリさんです。

    むり!
    撮って出ししかむり!
    修正とか加工とか編集とかそういうのむり!
    って人は諦めてお金出してください、際限なく。


    かわいく撮れるアプリとかではないです。
    自撮り綺麗にしたり、オシャレにフィルターかけて雰囲気出してくれるアプリでもないです。



    まずカメラがキヤノンの人はこちら。
    Canon Image GatewayとDigital Photo Professional

    特にRAW現像の人は必須アプリ。
    イメージゲートウェイはWi-Fi繋がるカメラなら、撮って出し可能。
    そのままの画質で、画質を落とすことなくスマホに転送できる神。

    RAWがわからない場合はぐぐってください。
    要はカメラが一番に撮った生データみたいなもんです。←だいぶ違う
    RAWのままだとスマホやパソコンで見ることができない、画像ではなくデータの状態ってことです。
    つまり現像が必要なのです。

    で、現像する前にこの生データを編集できるのが、フォトプロフェッショナルです。


    でもわたしはそこまでのこだわりがないのと、RAWにするとシャッタースピードが少しだけ落ちるので使いません。

    生データのうちに編集すると、ほんとに綺麗にできるし、ある程度ならノイズなんてなかったことにできるので、おすすめ🙆🏻‍♀️
    暗い写真を量産しても生き返らせることができるし、イマイチの写真も全部なんとかなる。
    素晴らしいアプリです🙆🏻‍♀️

    RAWはめっちゃ容量を食うので、いっぱい写真撮りたい!って人はSDカードも大きいの用意ふるなり、何枚か持ち歩くなりしないと、一試合撮り続けるのはむりだよ!!

    わたしは生データ編集すごく好きなんですが、なんせ連写できなくなる(できるけど連写速度ががっつり落ちる)ので、たぶんRAWは二度と使わない。






    そう、そんなJPEGの圧縮データを求めるわたしのアプリはこちら。
    AdobeのLightroom CC

    プロフェッショナルほどにはできないけれど、ノイズほぼ除去できる。
    ほんとにほんとにほんとにこれなしではカメラライフはない。
    何度も何枚も真っ暗な写真を生き返らせてくれた神様。

    たぶんこれのおかげで褒めていただいた写真がいっぱいあるんじゃないかなw

    このアプリがなくなるときは、わたしがいよいよレンズを買い足すときか…!!


    基本的にはそんなに加工もしないし
    フィルターかけは絶対にしないので(lightroomにはフィルターとかはない)
    ノイズ除去だけ、たまに明るさ調整するくらいです。

    とにかくこのノイズ除去があれば、安いレンズでISO高くしてノイズいっぱいの写真が撮れてもなんの心配もないので、無神経にガンガン撮ってます。
    あとで明るさ見てノイズ除去すればいいじゃ〜ん、くらいです。



    Lightroomを使用した参考写真たち


    ※Lightroomで明るさ調整済み


    ※元画像
    ※日が暮れたのを忘れて、設定を変えないまま撮影・・・




    ※Lightroomで明るさ調整済み
    ※元画像は↑と同じような暗さ




    ※Lightroomでノイズ除去


    ※元画像をトリミングしたもの
    ※袖つまみカワイイ・・・











    キヤノンとニコンをどちらも持っているので、ときどき聞かれる
    「キヤノンとニコンどっちがいい?」。

    答えはどっちでもいい(キッパリ。


    違いとしては色の出方ですね!
    キヤノンはくっきりはっきり!
    ニコンは自然界にある色合いを自然に再現するよ!って感じです。
    わたしは人を撮るならキヤノン派、景色を撮るならニコン派です。

    背景ぼかし、人くっきりが好きな人は絶対にキヤノンがいいと思う。

    まあでもどちらでも綺麗に撮れるので、なんとなくの好みで選んでも問題ないです。
    同じ価格帯なら質も同じくらい。
    ただわたしはレンズをいろいろ買って、付け替えたいならキヤノンをおすすめします。
    純正しか買わないなら、それもどっちでもいい。

    ソニーやペンタックス、パナあたりのカメラも素晴らしいと思うけど、いろんなレンズで楽しみたいならキヤノンかニコン以外は使わないこと🙆🏻‍♀️
    それだけ🙆🏻‍♀️

    すっごいこだわりがあるならどのメーカーでもいいけど、メーカーへのこだわりとかじゃなくて、純粋に予算の限りで一番いい写真撮りたいだけならキヤノンかニコン。
    それ以外のカメラは見なくてもいい。です。









    〜まとめ〜

    ・自分がよく行く球場や、よく座る座席によって変わるよ!
    →狭い球場、屋外球場は比較的撮りやすいよ!
    →内野席やフィールド席、バックネット裏は撮りやすいよ!
    →外野席や、内野の一三塁ベースより外野寄りはズームが必要だよ!
    →ドーム球場は暗いよ!
    →ベンチが撮りたい人も明るいレンズやズームが必要だよ!

    ・ある程度のノイズはあとから処理できるよ!
    →編集や加工したくない人はお金がかかるよ!

    ・予算によって変わるよ!
    →予算10万の人はズームレンズキットおすすめ
    →予算20万の人は5万のカメラ、15万のレンズみたいな考え方がおすすめ
    →予算30万の人は10万のカメラ、20万のレンズ
    →それ以上出せる方はご自由にどうぞ!!

    ・あとからいいレンズを買うっていうのもありだよ!
    →だんだん揃えていけばいいよ!
    →あとから買い足すことを検討している場合はキヤノンかニコンのカメラにすると、対応商品が多いので選択肢が広がるよ!

    ・使いこなせない、予算がふた桁万円もない人はコンデジ、ネオ一眼もあるよ!
    →一眼レフと同じような写真は撮れないよ!
    →ズームの性能は高いよ!
    →球場までの持ち歩きに便利な軽さだよ!

    ・一眼レフは重いよ!
    →2〜3キロを持ち歩くことができないと、無駄な買い物になるよ!






    是非皆さんも素敵なカメラライフを送り
    そしてわたしに是非、素敵な選手のお写真をSNSとかで見せてください♡

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • 00:03
      • -
      • by スポンサードリンク